「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 山梨県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
子供のころから動くもの、機械的なものに興味があり、おもちゃの分解などに関心がありました。学生時代にバイクに興味を持ち、車の運転免許を取得し、周りにメカに強い人たちが多かったせいもあって、自然とメカにも興味がわき、整備の専門学校へ進学し整備業界へ就職しました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は、先輩に付いて説明を受けながら車の定期点検整備(故障を未然に防ぎ、その性能維持を図るために行う点検)等を行っていました。現在は、車の点検、整備、検査等(一般整備、臨時故障整備、車検整備、完成検査)を幅広く行っています。車の不具合、故障修理を通じて点検の重要性をお客様にお知らせしています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
今まで知らなかった新しい整備技術を身に着け、自分の成長を感じることが出来る。そんな時にやりがいを感じます。「気配りの点検」(時計の時間のずれの修正等)をした時に、お客様から感謝されたことは、整備士になって良かったと思いました。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
接客の仕事(整備士になろうとした時に、これほどお客様と対話するとは考えていなかった。整備士は、工場で黙々と車を修理するものだと思っていた。)に苦労しています。車の新技術の習得には日々努力しています。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
女性整備士の方がきめ細かい気配り、サービスが出来ると思います。お客様がご指名で来店されることも多く、車の整備知識を十分生かし接客に対して柔らかな対応が好評です。女性整備士がいることで職場は雰囲気が明るくなっています。体力的な面で多少辛い場面もあるように思います。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
具体的には言えませんが、体力的に補えるような機器等の設備をもっと充実出来ればよいと思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
自動車整備士は、整備に必要な専門技術と知識を身に着け、その習得した技術を発揮し活躍できる仕事です。車を直す喜びと感謝される歓びを感じることが出来るやりがいのある仕事です。
今後の目標を教えてください。
次の目標は、国家1級自動車整備士資格の取得です。
その他
整備士のイメージアップのため、有名俳優が主演を務め、整備士として活躍するテレビドラマを放映してほしい。

▲ このページの先頭へ