「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 富山県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
小学校2年生の頃に本で見たオートバイが好きになり、その内、自分で車を仕上げて走りたいと思うようになった。高校の進路選択の時になって高山短大に行くことを決め、この道に入った。
普段どのような業務を主にしていますか。
車検整備から一般整備、修理等、すべてを担当している。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
良かったと思ったことは特にないが、エンジンとかミッションをオーバーホールして、その後、組み上げた時がうれしい。何回やってもかかるまでは不安だけれど、かかった瞬間が非常にうれしい。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
現状には満足していて、特に苦労しているところはない。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
男と違って、女の人はお客さんに対する当たりが柔らかくていいと思う。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
体力的にはどうしても不利なところがある。タイヤの上げ下ろしなど、スチールになると重いものが多く、もっとやりやすくなるツールがあればいいのではないか。力のないところをカバーできるような、補助できる工具があれば、もう少しやってみようと思う人が出るかもしれない。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
今の子はあまり車に興味がないように感じる。この車に乗ってみたいとか、もっと車に興味を持ってもらいたい。
今後の目標を教えてください。
今の仕事をずっと続けていきたい。

▲ このページの先頭へ