「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 札幌 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
高校生時代、漫画「頭文字D」(イニシャル・ディ-)アニメゲームでのチューンアップの楽しさがきっかけで車に興味が湧き、ディーラーに就職し整備士を目指そうと決めました。
普段どのような業務を主にしていますか。
点検整備で来店されたお客様の接客応対・受付業務と整備の現場業務をローテーション制での勤務体制。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
いつも来店してくださるお客様に声を掛けられたり、不具合箇所が元に戻った時の笑顔で「ありがとう」と言ってくださると、とてもやりがいを感じます。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
新人の頃は、先輩等に注意されたり、怒られたりで悩んだこともありましたが、何事も前向きに考え、すべてが勉強だと思いがんばっています。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
柔らかい印象を受けるので、接客には有利だと思います。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
「力」を必要とする作業の補助器具や工具の充実が必要。便利な工具や器具は、市販されてはいますが、高価なものが多いと思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
自分は少しでも早く技術を身に着けたくて、高卒で就職しました。これから整備士を目指すみなさんも失敗を恐れず、何にでもチャレンジしてください。
今後の目標を教えてください。
整備士の資格は最高峰まで。(1級整備士、トヨタ検定1級)今年の目標は2級整備士取得。

▲ このページの先頭へ