「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 埼玉県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
中学校の頃、先輩がバイクを修理するのを見て興味が湧いた。父(既に他界)が整備工場を経営しており、趣味がラジコンでよく一緒に連れて行ってもらった。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社時は、先輩の助手をして、教えて貰ったこと。簡単なオイル交換。入社前にタイヤショップでアルバイトをしていたので、タイヤチェンジャーを使ったタイヤの組み替えは入社時から誰にも負けない自信があった。現在は、エンジンのオーバーホール(分解整備)、市場技術速報の作成。故障診断で困ったことは、「まれにエンストする」で入庫、症状が発生しない。スキャンツールで履歴を確認するのだが、なかなか再現できない時。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
良かったことは、機械いじりが好きだったので、自動車整備を仕事(職業)に出来たこと。入社から5年間、本社サービス工場勤務で、工場内が広く部品を取りに行く際、走り回っていた為、かなりやせた。現場はダイエット効果あり(笑い)。また、やりがいを感じる瞬間は、トラブルシュートが「ピタッ」と決まった時。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
入庫した車に違法性が無いか確認してから仕事にかかることが大切で、その判定の為の勉強や保安基準の法令が目まぐるしく改正されるので、覚えるのが意外に大変。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
良い所は、細かいところに気が付く。接客が丁寧。悪い所は、力仕事が苦手。意思の疎通が取りにくい。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
女性整備士が活躍するには、特徴がある車(改造車)が入庫した時は、問診をきめ細かくする必要が有る。また、効率を良くするための器具の提案として、カムリのフルード交換時に取外す、コネクタの脱着を容易にする工具を工夫中。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
整備士はやりがいのある仕事です。日々勉強は必要ですが、新しい発見が有ります。車好きな人は、整備士を職業として選んで下さい。
今後の目標を教えてください。
故障診断の精度を上げて行きたい。より多くのお客様に信頼されるメカニックを目指したい。トヨタ検定1級の取得。(今年度社内選考で落とされたので、来年度、再チャレンジ)
その他
整備士を取ろうと思った時と実際に資格を取って働いてみてのイメージの違いはは、整備士を取ろうと思ったころは「車の整備」のイメージしかなかったが、実際に働いてみると「接客対応」のシーンが数多くある。

▲ このページの先頭へ