「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 大阪府 男性 ①

なぜ整備士になろうと思いましたか。
バイクのハーレーダビットソンやカワサキのGPZが好きで、自動車に興味を持つようになりました。
普段どのような業務を主にしていますか。
私の部署では、自動車の整備というよりフォークリフトの油漏れ等の修理や定期点検が主な業務です。作業する場所は工場ではなく、現場に出向いての整備や点検が多い業務です。入社当初は、先輩よりフォークリフトの点検方法や特に注意しないといけない内容を教えていただき勉強をしていました。最近では、フォークリフトの定期点検等を先輩に指導いただきながら一人で作業行程や確認点検ができるように頑張っています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
先輩と話をしていて、仕事の話やプライベートについても相談を聞いてもらえたり、作業内容のノウハウなどもしっかり教えてもらえるので、今まで知らなかったことを沢山学べるところかと思います。自動車の整備だけでなく、自動車以外の整備も勉強できるところが嬉しいです。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
作業内容を覚えたり、段取りを組むことが難しいです。業務内容から、現場に出向くことが当たり前なので、作業内容をしっかりと理解しなければ作業内容の行程などがつかめないので、今は必死に勉強しています。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
良いところは、女性がいることで、職場の雰囲気が良くなると感じます。やっぱり男性だけでは、ピリピリというか、トゲがあると感じることがあるのですが、女性がいるとお互いに尊重しながら仕事ができるように感じます。悪いところは、特に感じません。女性と男性を比較して、肉体的、体力的な部分がよく言われますが、私も体力的な部分は自信がないので、特に感じたことはありません。むしろ同じように働くことが当たり前のように感じます。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
私が所属する会社では、トイレや更衣室は女性と区別されていますし、特に感じません。他の会社でも、女性と男性を区別する場所、共に働く場所でしっかりと区別できれば女性の働く場所が増えるのではないかと感じます。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
どんな職種でも言えると思いますが、新人は怒られて当たり前です。しっかり先輩の言うこと、上司の言うことを聞いて、作業内容を覚えて、迷惑をかけないように頑張ることですね。
今後の目標を教えてください。
電気自動車や、燃料電池自動車など、これからも新しい技術が沢山出てくると思いますので、しっかりと勉強して、先輩についていきたいと思います。

先輩の声 大阪府 男性 ②

なぜ整備士になろうと思いましたか。
父が飛行機の整備をしていたこともあり、自宅で自動車の整備をしている風景が当たり前だったので、父をみて自分もやってみたいと感じていました。自動車はさすがに出来ませんから自転車のヘッドライトの交換をしてみたり、ブレーキを交換してみたり、まねごとをしながら好きになっていきました。高校卒業する頃は車のレースに興味があったので、専門学校で勉強することを決意しました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当初の3年間は車検センターで勤務していたので、ブレーキの利き具合の点検、制動力を発生するブレーキパッドの交換、ブレーキペダルの力を伝えるブレーキ液の交換、エンジンを冷却するための冷却水の交換などをしていました。若い頃にブレーキ系統をしっかりと勉強した分、ブレーキ周りの整備については、今でも誰にも負けない自信をもっています。現在の業務内容は、現場監督のようなことをしており、現場ではコントローラと言います。作業内容や作業工程の確認、突然お見えになったお客様の対応や、故障修理などを行っています。お客様を無駄に待たせることがないように、又、現場の整備士に負荷がかかり過ぎないように、作業の進み具合などを把握しながら分配したり手伝ったり状況を判断する役割をしています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
自己満足かもしれませんが、故障して入庫した車をしっかり故障診断を行い、故障箇所を直し、不具合が解消してお客様に納車した時などは嬉しいですね。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
入社当初は、3年間が車検センターという車検に特化した特殊な勤務場所だったので、4年目に店舗に配属になった際、突然の来客や事故修理などもあり、同期入社の仲間について行くだけでも大変でした。やっぱり、負けたくないと言う気持ちで頑張れたから、今があるのかもしれませんね。現在の私の悩みは、若いエンジニアの育成です。私が入社した当時はまだ時間にもゆとりがありましたし、解らないことを先輩に教えてもらって、とことん学ぶことができましたが、現在は仕事を消化することに一生懸命になる風潮があり、若いエンジニアがなかなか勉強する時間を設けることができないところです。若いエンジニアの意見を聞いたわけではないので、それなりに勉強しているところもあるのかもしれないですが、もっと勉強する時間を与えることができればと感じることは多いですね。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
良いところは、職場が明るくなると感じます。体力面での違いはあると思いますが、エンジニアとして男性・女性の違いは感じません。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
この店舗では、女性専用の更衣室やトイレ、シャワールームを設けるなど、しっかり区別しています。やはり、女性・男性が共用の場所と、区分けされた場所の「めりはり」をしっかりとつけることが必要かと思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
車のことが好きだった子供の頃の気持ちを大切に、常に新鮮な気持ちで車だけでなく、色々な事に興味を持って頑張ってください。
今後の目標を教えてください。
若いエンジニアとのコミュニケーションをしっかり取るようにして、作業内容について勉強の時間を設けるようにしたいと思っています。

▲ このページの先頭へ