「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 岡山県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
幼い頃から車やバイクが好きで、車やバイクに囲まれた仕事がしたいとずっと思っていて、実際に車やバイクに触れるようになった頃から毎日好きな車やバイクに触っていられる整備士になりたいと思うようになりました。RBのエンジンが触りたくて日産に入社しました。
普段どのような業務を主にしていますか。
現在は、主にお客様のお車の壊れているところや悪くなっている所を修理する仕事です。車検や点検もしています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
好きな車に毎日触っていられる事です。憧れていた車を整備できる事です。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
手持ち工具の値段が高い事です。(工具は個人持ち)
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
男性にはない気配りなど女性特有の細やかな接客応対が出来る所が良い所だと思います。悪いイメージは特にありません。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
男性の仕事というイメージが強いので女性整備士をもっとアピールしてイメージを変えていけば女性整備士が増えていくと思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
車やバイクに興味が有ったり、車やバイクが好きな人にとっては毎日車やバイクに触れるといった所は、理想の職場だと思います。
今後の目標を教えてください。
国家一級整備士を取りたいと思います。

▲ このページの先頭へ