「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 帯広 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
父親が車好きで親の車雑誌を読んでいた。中学~高校と年齢が上がり友達と車の話をするうちに次第に車への興味が大きくなり整備専門学校に進学。現在に至る。
普段どのような業務を主にしていますか。
新人時代は洗車、新車の磨き、納車整備ばかり。現在は新車の納車整備、用品取付、車検、故障整備など板金塗装以外の車輌整備全て。 
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
お客様に「車がなおった」と喜んでもらえたとき。自分の出来ることが増え、仕事の幅が広がるなどレベルアップを実感できるとき。故障診断で自分の予測が当たり、スムーズに作業が進んだとき。自分の車をいじれる。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
工場に4輪アライメントテスターがないので作業が自社で出来ない。後輩メカヘの指導、教え方をどのようにすれば良いか思案中。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
良い面は、異音などの修理を徹底的にするイメージ ナビ取付など上手い。悪い面は、力仕事、体力的なことはあるが 工場の仲間、道具設備でカバーしている。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
トイレ男女別。体力をカバーする工具、長い工具、インパクト、リフト、キャリヤ等。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
自分のレベルアップがわかりやすい職業。 
今後の目標を教えてください。
検査員を取り法律的な知識をつける。スバル特級などの資格取得。後輩を育てること

▲ このページの先頭へ