「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 奈良県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
中・高校生のころ友達の影響もあり、バイクや車などの機械に興味が湧き、将来手に職を付けたいと思い自動車の専門学校に進学を決意しました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は洗車から始まり、今ではオールマイティーに仕事をこなす用になり、今後は外部診断機を使ったトラブル解明に挑戦していきたいと思います。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
お客様の車を点検・整備をした上で交換部品や乗り方、使い方のアドバイスをした時に「気になっていた事、言ってくれてありがとう」の言葉を聞いた時。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
点検・整備後の交換部品などの説明時、現物や写真等でお客様に説明させて頂くが女性ユーザーや、車に興味のないお客様はなかなか理解してくれない。もっと経験を積んで、どのお客様にも納得していただけるよう心掛けたい。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
女性整備士だから!と言って特別な存在とは思っていないので、良くも悪くもない。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
女性の為の職場環境を整えていく必要があると思う。今の店舗には更衣室はあるが、他の店舗には無い所がある。工場に男性トイレはあるが、女性用が無い。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
整備経験を積んで自動車整備士の国家資格を習得し、安心・安全・快適を一緒にまもっていきましょう。
今後の目標を教えてください。
整備・接客の経験を積んで、どんなお客様にも納得していただけるよう努力していきたいと思う。一級小型整備士を習得していますので、次は自動車検査員の資格に挑戦し検査業務にも携わっていきたい。

▲ このページの先頭へ