「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 三重県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
子供の頃から自動車が好きで、成長に伴い構造等に興味を持つようになり、自分でも機械部品の多い自動車整備がしてみたいと思いました。
普段どのような業務を主にしていますか。
定期点検に伴うエンジン関係及びブレーキ装置等シャシ関係の整備、車検整備に伴うエンジン関係、シャシ関係の整備及び各種ランプ類他の性能確認、エンジン不調等の一般故障整備、各種整備後の洗車
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
日常業務は、主として車検に伴う点検整備ですが、時折クラッチ交換作業、エンジン関係の整備でシリンダ・ヘッド・ガスケットの交換作業等を行うとき、先輩の整備士に使用する工具及び作業要領を指導してもらい、高度な作業を完了したときその達成感が気持ち良いです。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
近年の自動車整備はサ-ビス・マニュアル等が電子化され、各種診断作業についても種々の検索にPCを使用しますが少し苦手です。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
良いところ:優しく接してくれます。
悪いところ:何をしても特別扱いしてしまうところがあります。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
男性整備士に比べ腕力が弱いので、大きな力が必要な作業に対応出来るよう、それを補う工具等の開発が必要だと思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
以前の自動車整備に比べれば整備の作業内容も変わり、重整備が少なくなったとは言え体力が必要です。体調管理を怠ってはいけませんが、車好きの方には楽しい仕事だと思います。
今後の目標を教えてください。
今まで出来なかった、より高度な整備作業等どんどん習得し新しいものにチャレンジしていきたいと思います。

▲ このページの先頭へ