「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 熊本県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
幼少の頃、父親がオイル交換や整備をするのを見て、自動車のことが好きになり、この職種を希望しました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社時は洗車や初期点検でしたが、今では、車検や、トランスミッション、定期点検(半年点検)等、大半を任せてもらっています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
車検や法定点検がスピーディーに出来た時の達成感です。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
専門用語を使用せず、お客様にわかり易いように説明することが難しいです。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
女性整備士の方が、相手が女性目線で見れるところが良いと思います。一方、硬いネジ等の脱着については苦労しているみたいです。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
何と言っても、自動車整備には1台ずつ仕上げるという「達成感」があります。又、任せられているという仕事へのやり甲斐があります。
今後の目標を教えてください。
スズキ技能資格1級を取得することです。とにかく何でも任せられる人材でありたいと思っています。

▲ このページの先頭へ