「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 高知県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
高校時代にバイクに興味を持ち、先輩たちといじったりしている内に時間を忘れ夢中になっている事に気づき、好きな事を仕事にしたいと思い整備士を目指しました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は、洗車やオイル交換等の簡単な仕事でした。今では、出来る事も増え、法律で決められている部分の点検や不良箇所(オイル漏れ、ゴム部品の破損)の修理からボディコーティング、カーナビの取付けなどの作業をしています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
出張修理、自社工場で修理を終えた時、お客様から「ありがとう。」「助かりました。」など感謝されたとき「役に立ててよかった。」と思います。日々進化していく車の構造とか、修理方法など新しい技術が習得できた時、やりがいや楽しさを感じます。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
大型車両の入庫時などは、一つ一つの部品が重いので苦労をしています。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
一緒に仕事をしたことがないので解らないですが、イメージとしては、良いところ:几帳面、きれい好き。悪いところ:力仕事が苦手。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
女性専用の更衣室とか、事務所(ショールーム)、工場内の女性用トイレの完備などが必要と思います。道具、工具を改良するのは難しいと思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
車好き、バイクが好き等、本当に好きでないと続けていくのは難しいですが、新しい車に触れられたり、技術を習得したりと、やりがいのある仕事だと思っています。
今後の目標を教えてください。
まずは、自動車検査員資格に挑戦したいです。

▲ このページの先頭へ