「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 神奈川県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
幼いころから、物作りやプラモデル、ブロック遊び等指先を使う遊びが好きだったが、特別自動車が好きだったと言うことは無かった。いくつかのアルバイトを経験したが、接客時にきちんと説明し対応していると、お客様に「ありがとう」と言われサービス業に興味を持った。手に職を付けその技能を生かせるサービス業を求め就職活動中を行っていたところ、「自動車整備士募集、見習い可」の募集を見つけ応募し見習として採用された。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は、洗車から始まり、先輩の指導を受けながらオイル交換、タイヤ脱着、ハブの脱着。サスペンション、ステアリング等シャシ関係の点検。エンジンの点検調整と、順を追って基礎から学び、その後先輩に認められ、乗用車の点検整備、続いて4トントラックの点検整備を一人で任されるようになった。現在は工場長代理として、入庫時の問診、見積作成、整備全般、故障診断・修理、請求書作成、引渡し時の整備内容の説明と、すべての業務を任されている。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
車検整備、定期点検整備はもちろん、エンジン、ミッションのトラブルで入庫した車両の整備、修理が完了し納車した後に、「調子が良くなった」、「ありがとう」等、感謝されるとつくづく整備士をしていて良かったと感じる。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
好きな仕事なので苦労と思った事は無い。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
物腰が柔らかく、お客様受けが良いところ。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
昨今の自動車整備の現場は、作業を容易にするための道具・機器も良いものが次々と出てきており、人力での重量物脱着作業も少なく、また、インパクトレンチ自体も小型、軽量、高能力化されているため体力による差は少なくなっていると思う。女性も男性もなく、やる気があって、仕事が好きになる事だと思う。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
自動車の整備はお客様の命を預かるとても大切な仕事なので、すべての職業に言えることだが、自分の仕事に責任を持つために忍耐が必要。
今後の目標を教えてください。
自動車検査員の資格取得。納車後に再入庫が無い様に心掛け、今まで以上にお客様に満足して頂くために的確な整備、アドバイスをおこない多くのお客様の「ありがとう」の言葉を聞きたい。

▲ このページの先頭へ