「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 鹿児島県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
幼い頃から、物を分解・組み立てをするという事が好きで、叔父も整備工場を営んでおり、良く工場へ足を運んでいたので。
普段どのような業務を主にしていますか。
メインはフロントと検査業務。その他、工員へ整備技術等の指導。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
良かったこと ~ お客様から感謝の言葉を頂いた時。やりがい ~ 重整備の車両の整備が完了した時の達成感。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
苦労した部分 ~ 外での仕事なので、体調管理。(夏の暑さ、冬の寒さ)。現在苦労している部分 ~ 腰を痛めてしまったことと、学校を出たが、基本的な事しか習っておらず、実際に会社に入ると、役に立ちにくい。もっと学校ではリアルな内容も教えて欲しい。悩み ~ 若者が少ない。長く続かない。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
良いところ ~ お客様から見ると珍しいので、話のネタになる。悪いところ ~ 体調不良になりやすい。結婚を機に退社してしまう。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
女性の為の工場(女性スタッフの、女性スタッフによる、女性の為だけの工場)
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
泥臭く、大変な仕事ですが、達成感を味わえる仕事です。好きならばとことん突き詰めて、どうせ目指すならトップ(資格・立場)を目指してください。何か1つでも良いので、技術を身に付けて「これはお前に任せる。」と周囲から言われる、頼られる人間になってください。
今後の目標を教えてください。
頼られる人間になることと、トップを目指したいです。

▲ このページの先頭へ