「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 香川県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
高校は、実業高校へいきました。学校には、自動車整備の学科はありませんでした。僕は、機械科に入りました。ある時に、車の車体(フレーム)を溶接で作り上げるという授業があったんです。エンジンや駆動系は解体部品だったと思うのですが…。その作業が、とても面白くて、車が仕上がった時に『整備士もいいかな?』と思ったんです。それが、整備士になろうと思ったキッカケです。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社3ケ月目には、リコール絡みだったと思うのですが、ミッション交換作業などしていました。早くからメカニックとして仕事をさせていただいています。営業所なのでメカニックの人員も限られてきます。一般整備や車検などの定期点検だけではなく、何でもこなしていますよ。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
僕は長男で実家から通っているんですが、「あそこの息子は、くるま屋に行っているらしい。」と、友達だけではなく、ご近所の方からも車や整備の相談を受けることがあります。そのような周りから頼られた時には、『整備士をやっていて良かったなぁ。』と思います。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
他の店舗にはあるのですが、うちの店にだけ『自動洗車機』が無いんです。敷地が狭い関係かもしれませんが、作業効率も考えて、是非ほしいですね。手洗い洗車も、お客様の車の【傷の様子が良く分かる】という点では、良いのですが、寒い時の水仕事はツラいですから・・・。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
同僚の女性を見て思ったのですが、車室内の掃除のやり方にしても、足元の細かい所まで気を付けて作業したり、高圧のエアーで細かいほこりを吹き飛ばすなどの思いつかないような作業をしていることがあります。一言で言うなら、『ていねいな作業』、『細かい所までの気遣い』でしょうか?
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
『女性だから…』と区別しない方が良いと思います。トイレや更衣室なども、女性の営業さんや事務員さんがいる職場なら大丈夫ですし、なまじ区別すると女性メカニックさんも逆に気にすると思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
早めに進路を決め、進路指導の先生に相談することでしょうか?僕は、高校からの推薦で、ホンダ系の専門学校へ行ったんですが、そういった推薦も考えてもらえると思います。同級生も、メーカー系の専門学校へ3~4名行ったと思います。
今後の目標を教えてください。
整備主任や検査員など、どんどんステップ・アップして行きたいと思っています。また、メカニックとしても『商品知識・情報』がますます大切になってきますので、そのような研修にも参加していきたいと思います。

▲ このページの先頭へ