「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 広島県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
10代の頃(自動車整備士養成学校時代)にバイクに興味を持ち、自分でカスタマイズをしていました。その頃から整備は楽しいと感じ生涯の仕事にしようと思いました。
普段どのような業務を主にしていますか。
現在は、お客様からアフターパーツなど用品の取付けの相談を受け、保安基準に適合するよう施工しており、また、お客様のイメージに近い用品の選択・取り付けをしています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
車の不具合を診断し、故障探求から原因の特定、そして不具合箇所の修理後にお客様が喜んで帰られた時や、自分が修理した車を街中で見かけた時はとても嬉しく、やりがいも感じます。また、エンジンをバラバラにオーバーホールし、再度組み直して始動させた瞬間はとても気持ちがいいです。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
今は、専門車両に特化した部署に配属となっているため、たまには他の車種も修理してみたいという欲があります。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
男性でも体力的に厳しく感じることがあるが、それを同じ環境でこなしている女性整備士を尊敬します。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
妻も以前は女性整備士でしたが、サービス工場に女性用のトイレがないことが不便だと感じていたようです。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
大きな責任を伴う仕事ですが、その反面やりがいは大きく感じることのできる職種なのでがんばってください。
今後の目標を教えてください。
現在の部署において特段の目的はないが、他の部署(車種)において、これまで培った整備技術を如何なく発揮したいし、新たな技術・機能などに対応できようにがんばりたい。

▲ このページの先頭へ