「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 函館 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
小学生の時、親の車のヒーターの温風が出なくなり、修理のためディーラーに行ったら、整備士がサーモスタットを交換し、簡単に直してしまったことに感動したのがきっかけです。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時:オイル交換、タイヤ交換、定期点検等。現在:エンジン分解整備、ミッション分解整備、診断機による故障診断
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
故障した車を修理後、お客様が満足して帰っていただいた時。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
自動車は、日進月歩で新機構・新技術が搭載され、それに対応していくことが大変です。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
作業が丁寧で、仕上がりのきれいな仕事をしていると思います。力の必要な作業に苦労しているのが感じられます。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
非力さを補えるツールがあれば、良いと思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
自動車ユーザーのお客様が、安心して道路を走行できるサポートをすることなので、とてもやりがいのある仕事です。
今後の目標を教えてください。
当社により多くのお客様が来店していただくよう、日々努力を怠らず作業に取り組んで行きたいと思います。

▲ このページの先頭へ