「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 群馬県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
私が18歳のころにスポーツカーが流行っていて、まわりにクルマ好きな友人が多くいました、その影響を受けその頃ジムカーナをやっていました。また、父が整備士であったこともあり整備士の存在が身近であったため、自動車整備学校の入学試験を受けてみようと思ったことがきっかけとなり自動車整備の道にすすみました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は、先輩に指導を受けながら、自動車の点検を実施していました。その後は、故障をした自動車の整備などを主に整備をすることとなりました。現在では、工場長として整備車両の入庫管理や整備に対するお客様への対応などの他若い整備士への技術指導などを行っています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
初めて経験した故障で入庫した車両を修理することがありました、そのとき修理ができたことに達成感がありました。お客様に大変喜んで頂けたことが整備士になって良かったと思った瞬間です。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
整備の仕事では、過去に経験したことない故障で故障個所を発見するまで時間を要してしまったことです。現在では、人材教育をすることが多く、人それそれぞれ得手不得手がありますので、どのようにして教えていけば良いか悩んでいます。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
女性のお客様からは親しみやすく話しやすい。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
診断器を活用した点検・整備が今後もっと主流になれば、比較的力の弱い女性でも仕事がしやすくなると思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
自動車が好きなことはもちろん、人と接することが好きな人が向いている仕事です。
今後の目標を教えてください。
これからを担う整備スタッフを多く育てて行きたい。
その他
一級整備士をもっと一般の方にPRしてほしい。整備士の資格証書の他に免許証みたいなものがあればお客様にPRしやすいと思う。

▲ このページの先頭へ