「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 福岡県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
元々機械作業が好きだったことと、中学校で職場体験をしたとき、社員の方がとても生きいきと働いている姿を見て整備士になろうと思った。
普段どのような業務を主にしていますか。
車の修理や点検、オイルやタイヤの交換、カーオーディオやETCなどの取り付けを行っています。また、修理の見積もりなどを行い、お客様との打ち合わせ、請求書の発行から納車まで全てのことを行っています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
故障した車や、エンジンの始動しない車をすぐに直して、お客様に喜んでもらった時です。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
整備の仕事上、何度も手を洗うため手が荒れること。あと、工場の中は、夏は暑く冬は寒いことです。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
良いところは、男性と違う目線で物を見ることができるところ。接客のときにやわらかい対応ができる。悪いところは、女性整備士が少ないため、女性が作業することに対してお客様が不安を感じることや、力があまりないため、男性整備士と同じやり方では出来ないこと。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
更衣室、控室等の配慮が必要。男性を想定した作りのため。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
とてもきつく大変な仕事ではありますが、整備が完了したときの達成感などはかなり大きいのでがんばって下さい。
今後の目標を教えてください。
検査員の資格の取得。技能競技大会への参加。

▲ このページの先頭へ