「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 福井県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
スポーツカー全盛の時代に育ち、初めて買った車もスポーツカー、自分で整備出来たらどんなに良いだろうと思ったから。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は車検整備がメインでしたが、最近はそれに加えて一般の故障による整備業務もしている。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
多種多様な車の整備に関わる事が出来た。車を通して色々な人と関われる。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
以前より外車を扱う事が多くなったが、工具が日本車と違う為に重整備が出来ない事。中腰作業が多くて腰を痛める。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
職場が華やかになる。繊細な作業に向いている。腕力がないために重整備は人の手を借りないと出来ない。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
3Kと言うイメージを変えて行く。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
ハイブリッド車主流の世の中になっていますが、まだまだ整備出来る所は多々あります。自分の車や家族の車を自分で整備出来るのは楽しいです。
今後の目標を教えてください。
二級整備士の資格を取る。

▲ このページの先頭へ