「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 千葉県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
幼少期の頃、家の近くにある工事現場で使われているダンプカーが好きでよく見に行き、そこからプラモデル、ミニ四駆を自分で作ることで、より車に興味が出てきて、高校生になったときはバイクや車の雑誌を見て、早く免許を取って自分のバイクや車をいじりたいと思うようになり、車に乗るのなら自分で直せた方がよいと思い、そのとき整備士になりたいと強く思いました。
普段どのような業務を主にしていますか。
現在、主任として不具合が起きて正常に走ることのできない車の故障箇所の診断や走行中に気になる音の対処や工場全体が予定通りに作業ができているかをチェックしています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
自分が点検し整備した車の不具合が直り、お客様から「ありがとう」と、言われたときに一番遣り甲斐を感じ、やっててよかったなぁと思います。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
雨が降り風が強い日は工場内に吹き込み作業が辛い、また、冬の作業は寒く、夏は暑い。ツナギの色が白く、汚れが目立つので・・・。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
良いところは、対お客様などの接客面では男性より女性が好まれる。悪いところは、年齢がかさむほど、重整備をする機会が多くなるが、力が男性より劣る分、気遣いと周りの負担に困る。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
一番は本人のやる気。(結婚、出産でやめる方が多いが、そのあたりが問題)。現場の予定は分刻みでフロントは、そうでないのでそのあたりの理解。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
車が好きであれば確実に向上していきます。近年の車は構造・機構が日々進歩しており1日1日がとても大切です。「やる気があれば何でもできる。」
その他
工場(現場)に人が多くいれば、女性のフロントへの移動がスムースにできると思う。

▲ このページの先頭へ