「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 旭川 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
中学生のころから自動車が好きで、高校ではバイクも乗り、その頃から整備士を目指そうと、自動車短期大学に入学し、整備のできるディーラーに就職しました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社した当時は、車検の検査前に行う定期点検整備全般を担当し、現在では、社内での技術検定も取得し、リーダーとして難易度の高い故障診断や、時間の掛かるエンジンの分解などを行っています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
自動車の修理が完了しお車をお渡ししたときに、お客様から直接お礼を言われたり、お客様以外でも、友人・知人から頼りにされていることにやりがいを感じています。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
絶対ミスの許されない仕事なので、いかに正確に、短時間で作業を完了するか日々考えながら仕事をしています。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
女性ならではの視点で細かな部分まで気を配って作業をしています。(例:お車に積んであるブランケット等を、お渡し時にきれいにたたんでおく等)また、男性と比べ力が弱いので、重量物等の脱着が大変だと思われます。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
女性用の更衣室、休憩室、パウダールーム等、職場環境の整備が必要。(当店はすでに整備済み)(いままでは休憩室等は兼用だったため、しっかりと休憩等が取れていなかった)工具等も軽いものであるべき(男性にとっても)
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
やはり、車好きでなくてはならないと思います。車が好きな人にとっては、とっても魅力がありやりがいの持てると思います。
今後の目標を教えてください。
まずは、社内の検定制度はすべて取得し、トップエンジニアを目指したいです。できれば、ずっとエンジニアを続け、この職種を極めたいと思います。
その他
自動車整備業界、特にディーラーは我慢する部分もあります。(乗りたい車種が限定される。整備以外の仕事もある)それを鑑みても、ディーラーに就職してよかったと思います。

▲ このページの先頭へ