「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 青森県 男性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
車に興味があった、父親の影響(父親がエンジニア)。つなぎ服で仕事をしたかった。
普段どのような業務を主にしていますか。
車検整備・定期点検整備・一般整備の業務
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
自分が整備した車が後日、お客様から「調子が良いよ」と笑顔で言ってくれた時。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
整備内容の説明をお客様に上手に伝えれるようにするのに今も昔も苦労しています。
男性から見て、女性整備士へのイメージを教えてください。(良いところ、悪いところ)
お客様が話しかけやすそう。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
職場環境で女性用の更衣室やトイレ等を完備するようにした良いと思う。整備士の仕事=汚い等のイメージを無くす職場環境作り。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
自動車を故障しないよう、又故障した自動車を治す、医者のような仕事です、苦労も色々ありますが、やりがいがあり楽しいですよ。

▲ このページの先頭へ