「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 山口県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
一番は車が好きということ。誰かの影響を受けたわけではなく、高校の時に気づいたら好きになっていた。プラモデルを弟と一緒に作ったりして、細かい作業も好きだからです。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は、エンジンルーム、室内、足廻り、下廻り、外廻りの点検項目に沿った分解、交換、修理、調整等の定期点検整備を主にやって、4年目の時に自動車検査員を取得したので、それからはサブの検査員として、先輩検査員に確認してもらいながら、各種テスタにより車の状態を検査する検査業務をし、2年前からは主検査員として一人で検査業務をしています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
色々な、車をみたり、さわったりできること。お客様の車を整備しお渡しする時に、「ありがとう」と言われた時は、うれしいです。女性のお客様からは、よく「かっこいいね!!」「がんばってね!!」と言ってくれる方もいて、自信もついて、やりがいも感じます。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
最初の頃は、体力的にもきつく、タイヤを持ったり付けたりするのでも、大変でした。最近は慣れてあまり感じなくなりました。今は、電話対応だと事務員と勘違いされ信用されない時もあり、「電話をかわって」と言われたこともあり、その時は、“女だから信用されていないのかな・・・”と思いました。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
男性では手の入りにくい所やせまい所に入っての作業、細かい作業やきれいに作業もできると思います。せまい所に落ちた工具を拾ってと男性整備士からたのまれることもあります。 洗車、そうじも丁寧にできると思います。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
工具だと、握力を使う工具が、少しの力でも作業しやすいものがあったらいいと思います。レンチ等は長いものを使えば対応できるのですが。1人でできるようになるまでは、やっぱり、声をかけてほしいです。自分が、そうだったように新人の時は特に不安だったし、だからこそ先輩方からのフォローは大事だと思います。自分が新人の時はしっかりフォローしてもらえましたが、今は、ほったらかしの感があります。それから、ここのお店は、女性専用の更衣室があるので、助かります。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
整備士という仕事は、夏はあついし、冬はさむいし、体力的にもすごく大変な仕事だと思います。でも、自分で整備した車が直ったり、お客様に喜んでもらえたら、すごくうれしく、達成感があり、やりがいの感じる仕事だと思います。
今後の目標を教えてください。
まだまだ、苦手なことや、できないこともあるので、それに、どんどん挑戦して、“何でも任せてください”と自信を持って言えるようになりたいです。

▲ このページの先頭へ