「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 埼玉県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
高校卒業の少し前に、専門学校からハガキが来て、細かいことが好きだったので興味を持った。手に職を付けたいと思っていた。親は、当初女性整備士になることに反対だった。しかし、最終的には「やりたいことをやってみれば!」と応援してもらった。
普段どのような業務を主にしていますか。
<入社時>先輩に付いて仕事を教わっていた。学校で教わったものだけでは役に立たず、部品の名前を覚えることから始めた。
<現在>車検整備が主で、他に一般整備や受付・引渡も行っている。スキャンツールも使いこなしている。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
お客様から車の引き渡し時に「ありがとう」と言ってもらえるとき。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
夏の暑さも大変ですが冬の寒さが苦手で、指がかじかんで工具を落とさないように気を付けている。サイズの大きいタイヤの取り外しや、容量の大きいバッテリーの交換作業などは男性整備士にお願いしているので、申し訳ないと思っている。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
車内の掃除など、男性整備士が気付かない細かい所の作業。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
重量物(サイズの大きなタイヤ・容量の大きいバッテリーなど)を楽に扱える道具。独立した女性用の更衣室が欲しい。(現在は男女兼用の更衣室に鍵を付けてもらって対応)
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
自社販売の車だけでなく、いろいろな車が入庫するので車に興味のある人は目指してもらいたい。
今後の目標を教えてください。
トヨタ検定1級の取得。(来年度社内選考会にチャレンジ)
その他
整備士を取ろうと思った時と実際に資格を取って働いてみてのイメージの違いは、フロントマンがお客様と話すものだとばかり思っていたが、実際はメカニックが話すのでギャップを感じた。

▲ このページの先頭へ