「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 大阪府 女性 ①

なぜ整備士になろうと思いましたか。
小学校高学年くらいの頃から飛行機や車など乗り物が好きで、将来は乗り物関係の仕事に就きたいと思うようになりました。もともとは飛行機が離陸する際のジェットエンジンの力強いタービン音に興味を持ったことがきっかけでしたが、飛行機だけでなく、自動車でも大型トラックや大型フォークリフトなど、大型の自動車の整備もしてみたいと感じたからです。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当初は洗車や、分解した部品の洗浄、先輩のお手伝いなどをしていましたが、現在は、主に軽自動車のトラック、ライトバンの車検整備をさせていただいています。作業内容では、ブレーキの機能と不具合の有無の確認のため、分解清掃や、摩耗する部品の交換、車を止める力が適正に機能するかを点検したり、道路の凹凸による振動が車体へ伝わらないようにするサスペンションの機能点検や、油漏れの有無などの点検、場合によってはお客様と相談し交換することもあります。またトレーラをけん引するトラクタヘッドなど重量の大きい自動車の整備についても先輩と一緒に作業させていただけるようになりました。ブレーキなどはお客様の安全に直結するものなので、特に気を配っています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
私の会社では、整備士とお客様が直接会話することは、ほとんどないのですが、車検を終えて、フロントマンがお客様へお車を納車した際に、お客様から「車が綺麗になったし、しっかりやってくれてありがとう!」と感謝の声を頂いたと私に伝えてくれた時、しっかり頑張ってよかったと感じました。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
私が働く職場については、男性と女性が一緒に働くということに積極的ですし、理解をいただけているので、女性専用トイレや更衣室を設けてもらっていますし、男性と女性が共に働く場所と、男性と女性を区別する場所がしっかり設けられているので、働く上で困ることはありません。作業の上では、体力的に男性より劣るので、大型部品の取り外しなどでは、苦労するというか、工夫が必要になるところかもしれません。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
手や体が小さいので、狭いところの作業や配線の取り回しなどでは、男性よりも優れていると思います。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
大型車両の整備では部品自体も大きいので、タイヤを簡単に外す、例えばジャッキのようなものでタイヤを支えるような装置があれば助かるかもしれません。男性に比べて体格や体力で劣る部分を補える工具があると安全作業にもつながると思います。ただ、甘えるのではなく、女性自身もトレーニングを行って体力面を向上する気持ちも大切だと思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
男性が多い業界などで、不利になることも多々あるかと思いますが、今のうちから、しっかり筋力トレーニングをして力をつけて整備士になれるよう頑張ってください。
今後の目標を教えてください。
整備士資格を取得して、整備できる自動車を増やしていきたいですし、電気自動車の勉強もしっかりして、新しい自動車についても対応できるように頑張ります。

先輩の声 大阪府 女性 ②

なぜ整備士になろうと思いましたか。
私の親が、自動車の定期点検や車検の際に、自宅の近くにある「民間車検工場」へ入庫していて、その工場でエンジニアとして勤務していた女性整備士が男性に混じって当たり前のように働く姿に「かっこいい」と感じ、整備士になろうと考え整備士の専門学校へ入学することを決めました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当初は、工場内の整理整頓や先輩の工具を清掃したり、車検では先輩のお手伝いをしていました。現在では、バッテリを充電するオルタネータ(発電機)の交換やエアコンのコンプレッサを交換したり、車検ではブレーキのパッド交換やブレーキ液の交換、エンジンオイルの消費が多いとの不具合の際にエンジンのシリンダブロックの交換、オーバーホールまでさせていただけるようになりました。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
やっぱり、お客様から「ありがとう」と言われると嬉しいですし、これは女性だからかもしれませんが「頑張ってな!」と言われることもあるので、嬉しいですね。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
手が汚れたりするのは仕方ないのですが、やっぱり女性として清潔にしたいなと思います。あとは、重量のある部品の交換などでは、作業しにくい場合がありますが、これは男性も同じことだと思うので、作業の仕方などを工夫することで改善したいです。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
特に女性のお客様には会話しやすいと言われることもありますので、接客時や作業内容の説明をすることは、男性よりも向いているかもしれませんね。あとは、手のサイズが小さいこともあり、車内の配線やカーナビゲーションの取り付けやETC取り付けなどの細かい作業については、女性が有利かと思います。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
私の勤務している職場では、女性が働くことへの理解があるので、特に悩むことはありません。ただ、一般の人たちの整備士のイメージが古いと思います。例えば、自動車の下周りを点検したりする場合「寝板を使うの?」と質問されたことがありますが、現在は寝板などは使用せず、リフトで車両を持ち上げて下周りを確認します。工場内も常に清掃し、ゴミの分別処理についても積極的に行っています。沢山の工具は整理整頓が行き届き、併せて、肉体的な負荷も軽減されています。過去の整備工場・整備士のイメージとは現在大きく変わっていますので、女性でもしっかり働ける環境は整備されていると思います。今後のことで言えば、女性には結婚や出産という課題が必ずありますが、私はもし結婚したとしても、整備士を続けていきたいと思いますので、社会全体が女性が働くことへの理解があると嬉しいですね。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
車に興味があるならば、しっかり勉強して整備士資格を取って下さい。やればやるほど楽しくなる仕事です。やっぱり整備士は専門職と言えると思いますし、整備士であるから、できることが沢山あるので、興味を持つ心を大切に頑張ってください。
今後の目標を教えてください。
国家資格の1級小型自動車資格を取得すること、トヨタ自動車で行われる「トヨタ検定1級の取得」を目標にして、将来は女性初のエンジニアリーダーを目指して頑張ります。

▲ このページの先頭へ