「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 岡山県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
子供の頃、母についてディーラーに行った時、男の人が整備をしている所をみて素直にかっこいいと思いました。そこから車への興味が出てきました。車の構造や仕組みをもっと知りたい、整備士になって私も他の人からかっこいいと思われるようになりたいと思ったからです。兄が整備学校に通って整備士になっているので、兄にも影響されました。GTRに憧れて日産に入社しました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は、エンジンオイルの交換など簡単な仕事をしていました。最近の仕事は、車検に付随した不具合箇所の修理等を行うようになりました。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
お客様から「車をきれいにしてくれてありがとう」や「点検をしてから車の走りが良くなった」などと言ってもらえる時です。ただ悪いところを診るのではなく、その車にあった整備をしてお客様から良い評価を頂けるとやりがいを感じます。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
苦労していることは「力」がない所です。整備は男も女も関係ないと言いたいところですが、やはり力の差を思い知らされることが有ります、しかし、工具の使い方しだいで力の問題も無くなる事も有ります。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
女性整備士だから向いているという作業は特に無いと思います。車の知識があまりない女性客は疑問に思っていることを男性整備士には聞きにくいかもしれませんが、同じ女性という事で身近に感じてもらい頼りにしてもらえるかも知れません。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
まだまだ「整備士=男性」というイメージが強い為に車の知識があるお客様から「女にちゃんとした整備が出来るのか」と悲しい言葉を言われたこともあります。まずは、女性でもやればできるという事を皆さんに知ってもらいたい、男だから女だからと思われないようになって、差別がなくなれば女性整備士がもっと活躍できると思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
小さなねじ一つの締め忘れが事故に繋がったりといろいろと整備作業には責任がついてきます。作業中は気を緩められなかったり、汚れたり、重労働もある整備士の職場ですが、お客様が安全で快適なカーライフを過ごしてもらえると、やりがいも出てきます。新しい作業や技術を覚えると楽しいです。
今後の目標を教えてください。
お客様にも、一緒に働く社員にも信頼して仕事を任せてもらえる整備士になりたいです。

▲ このページの先頭へ