「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 大分県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
子供のころから自動車を見るのが好きで、整備士の専門学校を調べたところ、学費も安かったので専門学校に進学し整備士の資格を取得。
普段どのような業務を主にしていますか。
一般整備、定期点検整備、故障診断、リコール作業等、ほぼ全ての整備作業。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
お客様からの感謝の手紙をもらった時。お客様から指名で修理依頼があった時。自分の車を修理できること。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
整備要員が少なく忙しい。残業が多い。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
自分では特に思ったことはないが、お客様によっては「女性の整備士でよかった。」と言ってくれた人がいた。(理由は不明)
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
男性に比べ女性の方が力がないので、それを補う工具類があればよい。(例えば少し長めのメガネレンチなど)
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
車が好きな人じゃないと長く続かないかもしれません。
今後の目標を教えてください。
国家資格や日産の資格の上級を取得したい。

▲ このページの先頭へ