「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 帯広 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
子供のころから物を分解して中身の仕組みを知るのが好きだった。兄が自動車製造業に務めていたこともあり、自動車関係に興味を持ち、「面白そう」「地元」「安定性」などの理由から高卒で入社。
普段どのような業務を主にしていますか。
新人時代は新車の納車整備、用品取付、車検。現在は新車の納車整備、用品取付、車検、故障整備など板金塗装以外の車輌整備全て。 
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
お客様の車の不安を解消して安心もらえたとき。「調子が良くなった」「故障がなおった」など喜んでくれることが社内的に褒められるよりもうれしい。自分が求められている感じがする。故障した部品を分解して仕組みを理解できたとき。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
工場に4輪アライメントテスターがないので足回り等の整備がスムーズにいかない。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
女性客に対して男性社員よりも安心感がある。男性や車、機械に対して不安を持つ女性客には喜ばれる。女性整備士は細やかだとか言われるが意識したことは無く男性整備士と変わらないと思う。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
トイレ 汚物入れ等もほしい。体力をカバーする工具、長い工具、インパクト、リフト、キャリヤ等。寒さに関しては工場の環境や防寒着などで個人的にあまり気にならない。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
機械、道具の仕組みがわかったり、難しい故障が直せたときなどの達成感がある。仕事で常に新しい発見がある。
今後の目標を教えてください。
整備士国家1級とスバル特級、転職(笑)。

▲ このページの先頭へ