「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 長野県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
家が自動車の板金工場をやっていて、小さいころから車に接する機会が多かったので、就職を考えた時、思いあたったのが、整備士になって車に係った仕事ができればいいなと思い専門学校に行きました。実家の板金工場を継ぐとかはまだ考えていなくて、今は整備がしっかり自分でできるようになれば家に入ったとしても、仕事の幅が広がってくると思っています。親からも継いでほしいとかは言われていなくて、むしろ、好きにやっていいと言われています。進学にあたっていろいろな学校を見学しましたが、やはりあまり女性の方がいなくて少しでも女の人が多い学校を選んで進学しました。できれば地元の学校が良かったのですが、女子が少なかったので、女子に関する環境の整ったところにしました。
普段どのような業務を主にしていますか。
整備班として、車の点検、整備をしています。スキャンツール等も使用して点検しています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
どの仕事もそうだと思いますが、やっぱりお客様から「ありがとう」と言われるのが、接客業というか、サービス業として良かったと思います。最初の頃はあまり直接お客様とお話しすることが無かったのですが、今は整備内容をお話したり、お見送りをしたときに感謝された時が、この仕事で良かったなと思います。お客様にきちんと分かり易く説明できるように心がけています。同じ女性として特に女性には分かり易く説明するようにしています。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
大きいタイヤを持ち上げたりするのがやっぱり大変ですね。力仕事が弱いですね。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
女性でも男性でも基本的にはそんなに差はないと思います。力仕事では負けますが。直接整備作業では無いのですが、女性のお客様に個人的な話をしていただいたりして、話し易さからいえば、女性の方が良いのかなと思います。お客様とコミュニケーションがいっぱいとれるので、また来店していただける機会が増えると思います。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
重量のある物を力の弱い女性でも、少しでも補えるようなものがあれば助かります。特に、タイヤの脱着が楽にできるものがあれば良いですね。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
整備士になる人は車が好きとか、車に興味がある人だと思いますが、難しいことや専門的なことがあって勉強も大変だけど、車に詳しくなれば得られるものもたくさんあるし、自分の車の整備をしたり楽しみも増えると思います。整備士にはあまり男女も関係ないと思います。甘いものは女子が好きだから、ケーキ屋さんは女子がやらなければいけないなんてことは無いし、車の整備だから男の人ということも無い。女子でも十分整備士になれると思います。
今後の目標を教えてください。
自分の中で落ち着いて、しっかりと整備をしたいです。新しい作業を自分でできる様にしたいです。先輩の作業を見て、盗めるところはどんどん盗んでいきたいです。自動車検査員の資格も取りたいと思います。上を目指して頑張っていきたいです。ただ資格を取るだけで無く、仕事に生かしていけるようにしたいです。お客様に喜んでいただけるような仕事ができるように頑張りたいです。

▲ このページの先頭へ