「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 宮崎県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
バイクや車が中・高校生の頃から好きになりバイクの免許を取得し、乗っているうちに整備をする機会が多々あり、それを楽しいと思うようになっていました。進学を考えた時に将来、自分がするのはどんな仕事が良いのだろうと考え、自分には事務職でデスクワークは合わないと思い、自動車整備科の専門学校を選びました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は、車の洗車や雑用を行っていましたが、少しずつ自動車の故障を未然に防ぎ、その性能を維持するための定期点検整備をするようになりました。その後 徐々に色んな一般修理や重整備をするようになり、エンジンのオーバーホールなどもしていました。最近は、法定点検整備やお客様と一緒に同乗しての路上テストでの異音確認、それに対しての診断や修理をしています。又、後輩の作業指導及びリコール車の入庫促進やリコール車の作業、リコール部品の管理等を行っています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
お客様のご用命に対し、満足してもらえたり、理解していただけたとき。お客様が普段、車を運転するうえで思っておられる聞くに聞けない、些細な疑問点、不安点等の相談受け、その質問に対する説明・回答を行い、場合によっては調整により不具合等を解消し納得していただいた時に、男性整備士には些細な内容で相談しにくかったけど今回女性の整備士さんに気楽に相談でき、よかったと笑顔で言ってもらえたとき。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
男性整備士が大部分を占める整備業界に女性として入った時から苦労は覚悟していたので、そんなに苦にはならないが、どうしても力不足の部分がある。その時は、素直に応援してもらっています。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
女性のお客様に対する接客対応(お客様に実施した作業内容をわかりやすく説明、女性客からの整備相談が受けやすい)
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
整備業界に入った時点で男性だから、女性だからどうのこうのの観点はなく対等との気持で入ってきたので、自分の場合このお店に同期入社が4名おり、その人たちには当然負けたくないとの競争意識を持ち働いてきたので、今後もその意識を忘れずにしたい。女性整備士は当然、筋力、体力が男性整備士に劣るかもしれないけど、女性だから出来る面を見つけお客様から満足してもらえるサービスを心がければよいと思う。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
今以上に車を好きになって下さい。
今後の目標を教えてください。
新たな仕事に挑戦。(他の店舗の整備環境も経験してみたい。)

▲ このページの先頭へ