「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 鹿児島県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
とにかく車が好きということから始まり、外見だけでは無く、中身も知りたい!もっと色々な事を知りたい!という気持ちからです。
普段どのような業務を主にしていますか。
点検、車検に伴う各装置の分解整備、オイル、タイヤ、ベルト、パッド交換等。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
良かったこと ~仕事を終えた後にやりがいを感じます。特に重い作業や、あまり経験がない作業を、人に教えてもらいながらでも最後まで出来た時に達成感があります。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
初めの頃は、重い物を持つのが大変でした。タイヤは特に。悩み ~ 今は、個人的に電装系や故障診断が苦手な事です。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
狭いところの作業。(ネジの脱着とか、電球交換等)
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
女性スタッフのみの工場を作る!(フロント、整備士等全て)女性整備士も活躍できるし、女性客も利用し易くなるのでは。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
今、女性整備士も増えつつあります。力に関してはやはり男性には勝てませんが、車が好き!機械が好き!という気持ちとやる気があれば良いと思います。男性メインだと思われていますが、女性がメインになれるように!
今後の目標を教えてください。
去年の目標は、自動車検査員の資格を取得することでした。無事に達成出来たので、次は、検査業務が出来るようになることと、知識・知恵をもっと増やすこと、重整備が出来るようになること等、色々な事にチャレンジできればと思います。

▲ このページの先頭へ