「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 岩手県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
整備士ではないが、父親が車好きで、自分で車をいじったりしていた。その姿がかっこいいと思い、中学校三年生頃、知識的、技術的にも父親を越そうと思い、自動車整備士をめざし、高校の自動車科に進学した。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社後1年目は、車検で入庫した車両のブレーキの分解・点検やエンジンルームの点検を含めた車検時に必要な点検整備を先輩整備士と二人一組で担当した。2年目からは、エンジン不調の整備などの臨時整備を担当。3年目以降は、車検整備・1年(6か月)定期点検整備・エンジン脱着等の一般整備など多様な整備を担当しています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
お客様に交換部品の説明やアドバイスをした際、「女性の整備士でも頑張っているね」と声をかけてもらったことがありました。その後、しばらくたってから、そのお客様が来店時にわざわざサービス工場までいらして、「まだ頑張っているか?」「よく頑張っているね」等励ましの言葉をいただき、働きを見ていただいているお客様がいることがうれしく思い、励みにもなっています。いろいろなお客様にアドバイスする時にも、「女性スタッフ頑張っているね」等声をかけていただきやりがいに感じています。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
RV車のタイヤ等若干重く感じることはありますが、苦労というところまで感じている事は今のところ特にありません。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
特に女性のお客様に説明する時などは、女性整備士の方が話しやすいかなと思います。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
強いて言うなら女性用更衣室があればいいと思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
女性だからできない仕事ではありませんので、どんどん同性の方も含め、整備士を目指していただきたいです。
今後の目標を教えてください。
自動車検査員やトヨタ検定1級等、勉強し更なる技術向上に努めたいです。

▲ このページの先頭へ