「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 函館 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
ジェームスで自動車の不具合を見てもらった時に親切な応対をしてもらったことで、自分もここで働きたいと強く思いました。私のように毎日車に乗っていても、車のことは何がなんだか分からない、どうメンテナンスしていいのか分からない人もいるので、整備の勉強をして、分かりやすく説明できて、安心感を持っていただける応対をしたいと思いました。女性の整備士がいることで、女性が入りやすい店になれば良いと思い、整備士を目指しました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時:オイル交換、タイヤ交換、オーディオ・ナビ・エンジンスターター等電装品の取り付け。現在:上記 + 車検整備、車検時の完成検査 等
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
作業終了時、お客様が笑顔で「ありがとう」と言ってくれた時・自分を信頼して、再度来店してくれた時・女性のお客様が、私を頼って来店してくれた時・「主人と一緒ではなく、1人でオイル交換や作業依頼に来られるようになった。」と奥様に言っていただいた時
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
ボルトなど固くて緩められない時や、マフラーなどの大きいもの、重いもの等の取り付けなど、力を使う作業時は、時間が掛かったりします。他のスタッフに協力してもらうのは、やっぱり迷惑が掛かるので心苦しいです。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
お客様に話しやすい印象を与えることができるので、きちんとお話を聞いて丁寧な説明をすることができる。男性では体格的に無理そうな、狭い場所での作業が可能。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
力を使う作業は、女性だと難しい場合があるので、どうしてもダメな時にサポートしてくれる男性スタッフがいると心強いです。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
指導が厳しかったり、整備には向いていないと言われたりしても、諦めないで前向きに頑張って下さい。私でも整備士になれたので、努力すれば必ず整備士になれます!
今後の目標を教えてください。
もっと経験を積んで、技術を学び、お客様に信頼していただくこと。そして、女性が入りやすい店が目標です!

▲ このページの先頭へ