「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 群馬県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
高校生のときに、進路を決めるのに悩みました。私は、体を動かすのが好きなので事務職以外の仕事に就きたいと思っていました。ふと、子供の頃に父の会社に遊びに行ったときの記憶を思い出しました。私の父は、自動車整備士をしていまして父と会社の人が仲良く仕事をしていて、お客様とも楽しそうに話をしていた記憶がありました。あまり女性がやっていない仕事が良いなと思っていたこともあり、自動車整備士も良いかなと思ったのがきっかけとなりました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は、新車の用品の取付や納車整備や点検・整備を実施していました。最近では、点検・整備や故障車両の診断業務などをしています。その他サービスフロントの業務を行っています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
整備士になって良かったと思ったことは、お客様が不安を解消して、笑顔でお帰りになったときです。故障原因が自分の考えていたとおりの診断結果のときに達成感がありますしやりがいを感じます。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
苦労は、最近の車両は電子部品が多く使われていて、故障探求をするうえで電気の知識は必須となりますが、電気に弱いことです。悩みは、ミッション交換やクラッチ交換などあまり頻繁にない作業だとなかなか仕事が身に付かないことです。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
女性のお客様の要望を聞きやすいと思います。女性のお客様から話しやすいと言われております。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
小柄なのでタイヤチェンジャーなどを使用するときに高さがあり力が入りにくいです。女性でも扱いやすい機械工具がほしいです。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
人の命を預かる大変な仕事ですが、自分の成長を感じられるやりがいのある仕事です。
今後の目標を教えてください。
公私ともに充実をさせて仕事面では技術・知識を向上して工場長になりたいです。
その他
女性整備士になりたいと思っても、親に男社会だからと反対されることがあると聞きます。

▲ このページの先頭へ