「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 福島県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
父が整備工場を経営しており、幼い頃から父の姿を見て育ち、手伝いをして興味を持ち始め、継ごうと思いなろうと思いました。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は、現場で初期点検から車検等の業務を行い、最近では、フロント業務でサービス受付、電話対応、鈑金等の業務を行っています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
当たり前のことですが、修理をしてお客様から「ありがとう」の言葉を頂ける時です。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
現在の業務は、フロント業務なので、悩みは無いのですが、現場の時は、肉体労働で重仕事(ミッション交換など)が、力がなかったので身体的に辛い時がありました。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
女性のお客様などは、男性整備士ではなく、女性だから気軽に話が出来て良いとかなど言って頂けるので、接客する際、女性の場合は女性整備士が良いと思います。また、細かい作業などは、女性の方が器用なので、向いていると思います。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
難しいと思いますが、女性の上司など相談相手がいてくれると良いと思います。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
男性が活躍する職業と思われていますが、女性も活躍できる場所ですので、少しでも興味がある方は一緒に頑張りましょう。
今後の目標を教えてください。
女性整備士でも男性整備士に負けず、劣らず、お客様に指名して頂ける整備士なりたいです。

▲ このページの先頭へ