「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 福井県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
車が好きだから。エンジンルームを開けた時に、何の部品かも解らず、その部品が何で何の作用に必要なのか、部品と言うのを知りたかった。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は事務や雑用。資格を取ってからは、車の点検整備や車検整備を行っている。尚、検査場への継続検査等の持込検査をしている。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
女性のお客様からの信頼を得る事が出来た。整備だけでなくお車全般の相談で、当社に来店される事が多々ある。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
昔と比べ車が大型化しており、普通乗用車のタイヤ交換などに、男性と比べ腕力が劣っている為、作業に時間が掛かる事。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
男性と比べ手が小さい為、繊細な作業やエンジンルーム内の整備などには向いています。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
メーカーが女性に車への興味を持つような車作りをお願いしたい。又、デーラーが女性整備士を増やし、学校訪問などで女性整備士という職業を周知する事。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
3Kと言われる職業ですが、つなぎを着て作業している姿は格好が良いです。手に職を付けたい方は車が好きじゃなくても大丈夫です。
今後の目標を教えてください。
車の知識を増やし仕事に生かせて行きたい。

▲ このページの先頭へ