「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 千葉県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
父親が車好きでフォルクスワーゲンの旧車の集いに連れて行ってくれたことがきっかけです。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は車検がメインで、最近は一般整備(オイル漏れの修理、バンパーの交換 等)を実施しています。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
毎日同じことの繰り返しではなく、タイムリーに1台1台異なった内容で入庫するので飽きません。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
1年目の時は、スペアタイヤ(トランクではなく車の下に取り付けられているタイプ)を空気圧調整した後、復元するのに重くてどうして良いか分からず、大変な思いをしました。現在も重いものは全身を使って作業をし、手が届かない高いところ遠いところは、踏み台等を使って作業をしています。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
どちらかというと、室内作業(ナビゲーション、ETC、その他用品の取り付け)で、重い物を持ったりするよりは向いています。あとは、お客様対応。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
例えば、時間内に作業が終わらない、上手く工具が使えない、1人でできるものもできない等、先を見越して男性側にもその辺りを受け入れてもらう。女性の努力も必要ですが、お互いに気持ちに余裕を持てるように環境を良くしたいです。また、バッテリーテスター等コンパクトで軽量化して使いやすくなったので、手持ち工具も軽量化してほしいです。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
体力的にも精神的にも辛いことはありますが、それはどんな職業でも同じだと思います。毎日異なったことをするのでやりがいのある仕事だと思います。
今後の目標を教えてください。
フロント業務(現場で培った作業の経験を活かして、お客様応対)をしたいです。

▲ このページの先頭へ