「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

先輩の声 秋田県 女性

なぜ整備士になろうと思いましたか。
小さい時はあまり車に興味はなかったが、兄にサーキットに連れて行ってもらった事がきっかけで車、バイクが好きになった。整備士の資格を取りたいとの思いから専門学校進学を決めた。父、兄も整備士をしている。
普段どのような業務を主にしていますか。
入社当時は先輩整備士に付いて作業のサポートを行った。現在は、車検整備全般(ブレーキ等を含めた分解整備)、定期点検、新車無料点検、オイル交換、時々一般整備(パッド・ライニング交換、タイミングベルト交換等)も行う。
整備士になって良かったと思ったこと(出来事)又はやりがいを感じる瞬間等を教えてください。
夏に実家に帰省した時、車が故障した(エンジン冷却水漏れ)。そのとき自分で修理し対処することが出来た。 整備技術を身に着けていて良かったと思った。また、ちょっとしたボルトナットの緩み(ワイパーアームの緩み)を直してあげただけであったが、お客様から感謝されたことがあり「やりがい」を感じた。
自動車整備の仕事で苦労した部分、現在苦労している部分又は悩みなどがあれば教えてください。
特に感じることはないが、「力」の面で苦労することがある。重量物の移動とか、重いものが持てないなど。
男性整備士に比べ、女性整備士が向いていると思う作業はどういった内容だと思いますか。
女性のお客様との接客応対については有利ではないかと思う。女性整備士だと気兼ねなく話を聞ける等、お客様に安心感を与えることが出来る。
女性整備士がもっと活躍するためには、どうしたら良いと思いますか。職場環境、設備における改善点やあったら良いと思う道具、工具等があれば教えてください。
工場内に女性用トイレがほしい。ショールームだとお客様と会ったりするので不便を感じることがある。また、ツール類の面では軽い工具がほしい。
これから整備士を目指す若者のそれぞれ同性に対するメッセージをお願いします。
夏は暑く、冬は寒いが、整備士は「やりがい」のある仕事であることを伝えたい。また、自分の好きなことを仕事にする、かっこいい仕事である魅力を伝えたい。
今後の目標を教えてください。
早く整備主任者となり、自動車検査員を目指したい。

▲ このページの先頭へ