「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

トヨタ東京自動車大学校

「トヨタ東京自動車大学校は自動車技術教育の先進校として人材育成活動を通じて社会に貢献する」ことを基本理念としています。
教育方針は、21世紀の自動車社会に信頼される技術者を輩出するために、
1. 正確な自動車整備技術を備えた人材を育成
2. 社会人として相応しい行動がとれる人間性豊かな人材を育成
3. 地球環境を意識し、その保全・改善につとめることができる人材を育成
を目指します。

教育スローガンは「技術を磨け、そして人間性も」です。つねに時代にマッチした「新しいサービスエンジニア像」を掲げ、育てています。 このスローガンのもと、在校生は毎日元気良く勉学に励んでいます。具体的には、スーパーGTレースメカニック&マネージャー体験、TRDラリーチャレンジ、NASCARメカ体験、ERKチャレンジカップ、ハイブリッドチャレンジ、86モータースポーツなど、「車が好き」で「逞しい」人材育成を目指しており自動車分野の「基礎技術」に加えて「次世代技術」も楽しく学べる大学校です。

さて、皆さんは将来に向けてどのような「夢や希望」を思い描いていますか?

・プロのサービスエンジニアとして第一線で活躍したい!
・自動車技術に精通した女性スタッフとして活躍したい!
・車の開発、モータースポーツ分野で活躍したい!
・学士資格を取得し大学卒として活躍したい
・会社の経営もチャレンジしてみたい!

他にもいろいろな分野があることでしょう。当校を卒業するとこれらの実現の可能性が大きく広がります。 今後ますます発展してゆくスマートモビリティ社会で幅広く活躍できる人材を育成する学校、それが「トヨタ東京自動車大学校」です。

▲ このページの先頭へ