「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

北日本自動車大学校

本学は岐阜県に本部を置く学校法人土岐学園の北海道校として1985 年に芦別市に北日本自動車工学専門学校として開校し、2008 年に四年制の一級整備士コースを設置した現在の北日本自動車大学校となりました。
芦別市は北海道の内陸部に位置し、寒冷地と降雪地でありながら安定した気候が特徴で、様々な試験走行のできるテストコースをキャンパス内に設置しています。

  • 北日本自動車大学校の写真1
  • 北日本自動車大学校の写真2

通常は学科授業で構造と原理を学び、実習で整備技術を学びますが、実際の故障や不調時の挙動を体験することはできません。例えば、「ホイールバランスが10g狂っていたら どんな挙動が出るんだろう?」、「ブレーキ制動力のバランスが10%狂っていたら?」、「燃料噴射量にばらつきがあったら?」、「各部に不具合を設定して挙動を確認してみたい」な ど、実際にお客様の整備依頼に対処するためには不具合状況の経験も必要です。本学ではキャンパス内にオンロードとオフロードのテストコースをそれぞれ有し、様々な不具合の体験と整備後の達成感を学生に経験させることでより高い実践力を養います。

  • 北日本自動車大学校の写真3
  • 北日本自動車大学校の写真4

カリキュラムに乗用車のほか大型車や農業用トラクターの整備を取り入れたり、在学中に「フォークリフト運転技能講習」や「小型移動式クレーン運転技能講習」「玉掛け技能講 習」などの資格を学内講習で取得することができるなど、様々な業界から期待されています。

  • 北日本自動車大学校の写真5
  • 北日本自動車大学校の写真6
  • 北日本自動車大学校の写真7

▲ このページの先頭へ