「自動車整備士になろう!」は自動車整備士を目指す方々の道しるべとなるとともに、経営者等に新しい視点を提供し、業界のイメージ改革を図るための取組です。

自動車整備士制度

 自動車整備士とは、自動車の点検整備に関する専門的な知識・技術を有する国家資格です。

 自動車の整備
自動車の整備は、自動車を安全かつ快適に使用するためには必要不可欠な仕事です。自動車は私たちの生活に深く関係しており、自動車の整備が担う社会的な役割は大変重要なものとなっています。
社会的に役立つ仕事
社会の安全や地球環境を守るためには自動車の整備を適切に行う必要があります。自動車の整備は社会に貢献する大切な役割を果たしています。
 技術を活かせる仕事
自動車業界では、ハイブリッド車や電気自動車など自動車の進化とともにその整備に必要な高い専門技術と知識を身に付けた自動車のエンジニア(サービスエンジニア)が求められています。サービスエンジニアはそれらの新技術を理解し、適切な自動車整備を行うための技術を身に付け、それを発揮できる仕事です。
近年では、新技術に対応した自動車整備のために、コンピュータを活用した診断などの機会も増え、修得した技術を活用する場面が増えています。
 将来の展望
近年、自動車整備の技能を習得された方が活躍される場が広がっています。自動車整備の技能を習得後、技術のスペシャリストを目指せるだけでなく、自動車販売など関連分野においても、会社経営に携わる重要なポジションに就く方も増えています。このように最近、サービスエンジニア出身で、習得した技術を存分に発揮して多くの方が活躍されています。

★ 自動車整備士の種類

★ 自動車整備業界目指すには?

▲ このページの先頭へ